為替って何?

倉石 優子
by 倉石 優子
Comments are off for this post.

普段からよく耳にする「為替」という言葉。

聞いたことがないという人はほとんどいないと思いますが、
改めて「為替」を説明してくださいと言われたら、あなたなら何と答えますか?

ちょっと難しいなと思った方も、みなさん日常的に為替を使っています。

例えば、銀行でお金を振込んだり、公共料金などの支払いに口座振替を利用するのも為替取引です。

為替とは、「現金を直接支払わずに金銭の受け渡しを済ませる方法」です。

為替の歴史は鎌倉の昔からあったそうですが、江戸時代の商人により発展しました。
江戸の商人と大阪の商人の間で代金のやりとりをする時に、現金をわざわざ運ぶ方法では、
道中、紛失や盗難などの危険が伴います。
そこで、江戸の商人は両替商で現金を支払い大阪の商人へ支払う代金を為替手形にしてもらいました。
現金ではなく「為替手形」という形で代金を受け取った大阪の商人は、両替商で現金に替えてもらう。
こうして、安全にお金のやりとりが行われるようになり為替が発展していきました。

現代のトラベラーズチェックのような仕組みが江戸時代にすでにできていたのですね。

為替には次の2つの種類があります。

・内国為替
・外国為替

先ほどの江戸時代の例で説明した「現金を直接支払わずに金銭の受け渡しを済ませる方法」が内国為替になります。
インターネットが発達した現在では、支払いや送金のための銀行振込や、公共料金等の銀行口座からの引落し、電子マネーによるお買い物などが簡単にできるようになり、直接現金を送る、渡す、といった機会が少なくなりましたが、振込や口座振替も実は為替取引の一つなのです。
このように国内で行われる為替取引は、内国為替と呼ばれます。

一方、外国為替は「通貨の交換」を伴うものとなります。

世界中には様々な種類の通貨が存在しますね。
アメリカドル・ユーロ・日本円・中国人民元・イギリスポンドなど他にもたくさんの通貨が使われています。
海外から食料品などを輸入したり、海外へ日本の製品を輸出したりするときは、日本と取引先の国のどちらの通貨で取引するかを決めます。もし、アメリカから食料品を輸入する場合、支払いを相手側の通貨である米ドルで取引すると決まったら、日本円を売って米ドルに交換することが必要となります。
この「通貨の交換」が伴う為替取引が「外国為替」です。

さらに、この「通貨の交換」をする時の交換比率を「為替レート」と言います。

例えば、アメリカから食料品を輸入する時、代金10,000ドルの請求書がきました。この時、為替レートが「1ドル100円」であれば、10,000ドル用意するのに1,000,000円を支払って米ドルに替え、代金を支払うことになります。(手数料は考えないこととする)

輸出入の他にも、外国証券や海外不動産への投資、企業の海外進出など、あらゆる国際的な取引は外国為替を使って行われています。

ここで「為替レート」という言葉が出てきました。

こちらの方が内国為替や外国為替という言葉より耳馴染みがあるのではないでしょうか?

この「為替レート」を使って通貨の交換するための市場を「外国為替市場」と言います。
経済ニュースなどでアナウンサーが本日の外国為替相場(為替レート)は~と毎日伝えているように、為替レートは変動します。ずっと為替レートが同じだとしたら、誰も頭を悩ませることなく単純明快なのですが、為替相場は24時間常に取引が行われています。「前日より円高が進んだ」「このところ円安基調です」などよく使われますが、円高と円安の意味がよく分からなくなってしまう方も多いのではないでしょうか?

通貨の交換をするための市場「外国為替市場」の話をしましょう。

特に取引が多い世界の大都市の名前をとって、イギリスであれば「ロンドン外国為替市場」、アメリカであれば「ニューヨーク外国為替市場」、日本であれば「東京外国為替市場」と呼ばれます。
実際には先日、システムトラブルで話題となった株式の市場である「東京証券取引所」のように特定の場所や建物があるわけではありません。
為替取引は、株のように取引所で集中的に売買が行われる「取引所取引」とは違い、売り手と買い手が1対1で電話やその他の通信機器を通して価格や数量などの取引条件を決定し、決済(精算)までを行う「相対取引」です。
その時間帯に中心となって取引を行う銀行が存在する都市のことを指して「○○外国為替市場」と言っているだけなのです。
一般的には、日本時間で朝9時~17時の取引のことを「東京外国為替市場」、夕方16時~深夜2時の取引のことを「ロンドン外国為替市場」、夜21時~翌朝6時の取引のことを「ニューヨーク外国為替市場」と呼んでいます。

外国為替市場の取引には、銀行、証券会社、一般企業、個人などが参加していますが、市場には、2種類あります。

・インターバンク市場
・対顧客市場

インターバンク市場とは、銀行間の取引が行われ、中央銀行、為替ブローカー、証券会社、短資会社、電子ブローキングが参加します。
対顧客市場とは、銀行と顧客との取引で機関投資家、商社、輸出入業者、個人などが参加しています。
ニュースなどで「今日の外国為替市場は…」というような場合には、銀行間の為替取引を指すことが一般的です。

子どもが興味を持ちそうなポイントとしては、世界には色々なお金(通貨)があるんだよ、とか、物を買う時には色々な方法があるよね(現金払い・ポイント払い・カード払い・振込払いなど)とか、昔の人はどうやって買い物していたか知ってる?など身近な物事から話しをしていくと、「為替」に繋がっていきそうです。



記事を書いた人

Comments are closed.