だからカモられる!「確定拠出年金やiDecoをやっている」

古田島 三和
by 古田島 三和
Comments are off for this post.


楽しい投資ライフを手にするためのアドバイスとして毎日配信しているラジオ『がんばらない投資チャンネル』から、トピックを取り上げてこちらのブログで古田島が自分の見解をお話ししていきます。

今回は #24 だからカモられる!「確定拠出年金やiDecoをやっている」についての解説。〝がんばらない投資〟でお金の不安を楽しく解消し〝充実した投資ライフ〟を実現するためにはどうしたらいいのか?カモられ度診断30の回答を一つずつ掘り下げていってみましょう!

#11「カモられ度診断」-30の質問- だから貴方はカモられる!
あなたが投資でカモられないための30の質問をしました。まだチェックしていないよ!という方は是非まず#11をお試しください。


結論はこうでしたね。

「海外投資をするなら確定拠出年金をスタートしないのが正解。スタートしてしまった場合は減額をしましょう。」とのことでした。

コンサルの時に、確定拠出年金について

「会社で入るよう言われたのでやっていますが、よくわかっていないんです」
「とりあえずやってはいるのですが」

なんてよく言われます。

あなたはどうでしょうか。

よくわからないけど言われるがままに確定拠出年金をやっている、という方は一度見直してみるといいかもしれません。

また、これから始めようかなと思っている方は、まずはこのラジオを聞いてみてください。
そしてメリットデメリットを踏まえた上で検討してみるといいでしょう。

今回のラジオが、確定拠出年金やiDecoについて見直すきっかけになっていただけたら嬉しいです。

アドバイスについて


海外投資を知ってしまうと、確定拠出年金で運用するのがもったいないと小川はラジオで言っていましたね。

そもそも確定拠出年金・iDeCoとは何?というところから簡単におさらいしてみましょう。

確定拠出年金とは、自分で運用をしていき、60歳以降に受け取る私的年金のことです。
企業型と個人型があり、個人型をiDeCoと呼んでいます。
確定拠出年金の詳細については、下記サイトで確認してみてくださいね。

厚生労働省 確定拠出年金制度


ラジオでは、確定拠出年金の旨みでもあり弱点でもある点をお話ししていました。

それは、60歳まで絶対にお金を出せないという点。
老後の資金を作るための制度なので、60歳以降にしか使えないようにしています。
いつでも解約できるというと、お金を出してしまう人が多いのでこうしているわけですね。

どうでしょう。
いつでも出せるよと言われたら、あなたも「60歳まで絶対に使わない」とは言い切れないですよね。
このことによって、強制的に老後資金を貯められるというメリットがあります。

でもちょっと待ってくださいね。

60歳まで絶対に使えないということは、本当に困っている時に〝確定拠出年金に貯まっているお金から少しでもいいから使いたい〟と思っても全く使えないということです。

これ、結構困りませんか?

今後のライフプランがどうなるかなんてわからないですよね。
想定外のことも起こる可能性は十分にあります。

年齢が若ければ若いほど、自由が効かないお金をずっと持っていくことになります。

そしてこの確定拠出年金、お金が60歳まで出せないだけでなく、スタートしたらやめられないんです。
この「やめられない」ということ、知らないでやっている人も結構多いのでビックリします。

スタートしたらやめられない
60歳までお金を絶対に出せない

この強力な拘束力があるということ、認識していますか?

この辺りを分かった上でスタートしないと、後々困ることになるかもしれません。

これからスタートされる方は、この強力な拘束力を念頭に置いて、検討するといいでしょう。

「いやいや拘束力はわかっている。でも節税になるんだからやらないともったいないよね」という方もいます。

確かに確定拠出年金は
①掛金が全額所得控除になる
②運用益は非課税
③受取時も控除が受けられる

という3つの税制優遇があります。

ただ、この税制優遇以上に運用パワーがあるものだったらどうでしょうか。
なおかつ確定拠出年金と違って何かあった時にお金が引き出せたり、拠出を止めることができるといった運用の自由度があるものだったら。

海外投資を活用すると、〝運用パワー〟がある上に、何かの際に変更できる〝運用の自由度〟がある。そんな安心運用ができる投資プランが海外にはゴロゴロしています。

会社に言われたから、節税できるからではなく、
こうしたメリットデメリットを踏まえて、選択するかどうかを考えていくといいでしょう。

もうスタートしている人は、やめられないけれど減額はできます。
改めて見直してみるのもいいかもしれません。

メリットについて


小川がラジオで3つほどメリットを挙げていました。

その中で私も感じることができたメリットは、「自由を奪われずに済む(自由にならないお金、ニート金を持つ必要がなくなる)」ことです。

先ほどもお話ししましたが、確定拠出年金で運用するお金は60歳まで絶対に使えない。つまり自由にならないお金になってしまうということです。

私は仕事柄、いろいろな方のご相談を受けます。

運用スタート時はずっとこれで続けていくと思っていても、途中で様々な事情から運用を続けることができない、これまで運用してきたお金を使わざるを得ない状況になってしまったという方も少なくありません。

たいていその状況の時は困っているはずです。
その困っている状況で、これまで貯めてきたお金が自分を助けてくれないというのは悲しいなと思います。

もちろん何事もなく、順調に老後資金を貯めるという目的が果たせればよいですが、今後どうなるかなんて誰にもわかりません。
臨機応変に対応できるようにしておくことは大切じゃないでしょうか。

私たちがよくお伝えする〝ニート金〟
つまり〝働こうと思えば働けるのに眠っているお金〟

あなたの大切なお金が〝ニート金〟にならずに自由に働けることを願っています。

私たちICCは〝がんばらない投資〟をおすすめしています。
これは海外投資を活用していきますが、確定拠出年金やiDeCoよりも運用力があり、臨機応変に対応できる。つまり自分のお金の自由を奪われずによりよく働いてもらうことができます。

ぜひあなたにも〝がんばらない投資〟を活用して、よりよい運用をしていただけたら嬉しく思います。

結論より

結論
海外投資をするなら確定拠出年金をスタートしないのが正解。スタートしてしまった場合は減額をしましょう。

アールトラスト公式ラジオ「がんばらない投資チャンネル」、
だからカモられる!「確定拠出年金やiDecoをやっている」を私、古田島が解説してきました。

結論は、
〝海外投資をするなら確定拠出年金をスタートしないのが正解。スタートしてしまった場合は減額をしましょう。〟でした。

国にも会社にも家族にも依存せず自立した経済力を手にするためにも、そして何よりも楽しい投資ライフを送るためにも、投資で成果を上げるための大切な考え方ですので是非とも参考にしてください。

私、古田島も応援しています!



記事を書いた人

Comments are closed.