だからカモられる!「海外金融商品を買ってきていいことを知らない」

古田島 三和
by 古田島 三和
Comments are off for this post.


楽しい投資ライフを手にするためのアドバイスとして毎日配信しているラジオ『がんばらない投資チャンネル』から、トピックを取り上げてこちらのブログで古田島が自分の見解をお話ししていきます。

今回は #30 だからカモられる!「海外金融商品を買ってきていいことを知らない」についての解説。〝がんばらない投資〟でお金の不安を楽しく解消し〝充実した投資ライフ〟を実現するためにはどうしたらいいのか?カモられ度診断30の回答を一つずつ掘り下げていってみましょう!

#11「カモられ度診断」-30の質問- だから貴方はカモられる!
あなたが投資でカモられないための30の質問をしました。まだチェックしていないよ!という方は是非まず#11をお試しください。


結論はこうでしたね。

「海外投資商品も選択肢に入れて自分に合った投資プランを手にしよう!」とのことでした。

コンサルの時に

海外投資商品って買ってもいいんですか?
海外投資商品って買えるんですか?

と聞かれることがあります。

そもそも海外投資商品を買うという概念がない人が多い印象です。
概念がないから選択肢に入っていないということですね。

実は海外投資商品を買えるようになってすでに約20年経っているという事実をあなたはご存知ですか?

このラジオで何度もお話ししてきているので

知ってるよ!
何度も聞いてるよ!

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
その方はすでに選択肢が広がっている方と言えますね。

海外投資商品を買うという概念がなかった!という方にも、今回のラジオをきっかけに知ってもらえたら嬉しいです。

アドバイスについて


ラジオの中で、約20年前の外為法改正について解説していましたね。
この外為法の改正については、#18#21でも出てきていますが、再度おさらいしてみましょう。

外為法とは「外国為替及び外国貿易法」の略称。
1997年の金融ビックバンの中で改正外為法が成立し、1998年4月から施行されました。

主な改正点としては次の2点。
①外為取引への規制解除:公認銀行に限られていた外為業務を規制撤廃。
②外為取引の簡易化:法人個人の海外資本取引および決済の事前許可届出を不要に。

財務省 外為法の目的と変遷

この改正によって、
①FXができるようになり
②海外の金融商品を買ってきてもいいことになりました。

つまり海外の金融商品を自由に買ってきてもいいよ、と国が認める時代になったということです。

この改正外為法によって、海外で金融商品を買ってくるツアー(香港HSBCなど)などが盛んに企画されるようになりました。

そして約20年経った今は、わざわざ海外に買いに行かなくても、日本国内にいながら海外金融商品を購入できるようになっています。

この事実、ご存知でしたか?

約20年も前からなのに知らなかった、というのも仕方がないことなんです。
なぜなら日本は金融鎖国状態だから。
グローバルな時代になっていても、金融に関しては全然グローバルじゃないんです。

例えば、国内の金融のプロと呼ばれている、銀行・証券会社・保険会社・FPの人たちにお金のことを相談します。
そこで海外金融商品について話してもらったことがある人はどのくらいいるでしょうか。
ほとんどいないと言っていいでしょう。

そもそもこの金融のプロと呼ばれている人たちの多くが、海外金融商品について知らない・わからないのです。
相談相手である金融のプロが知らない・わからないのでは、ほとんどの方が知らないのは当然ですよね。

日本の金融というのはこんな現状です。

でも知らないなんてもったいない!
「情報格差は貧富の差」
今は情報を自分で取っていける時代でもあります。

このラジオをきっかけに、海外投資商品を買ってきてもいいことを知って、選択肢が広がった!という方が増えればいいなと思います。

メリットについて


小川がラジオで3つほどメリットを挙げていました。

その中で私も感じることができたメリットは、「つまらない投資商品を掴まなくて済む」ことです。

先ほどお伝えしたように、日本の金融のプロと呼ばれている人たちは海外金融商品について知らない・わからないのです。
そんなプロから提案される商品が本当に良いものかどうか、疑問ではないですか。

日本に入ってきている金融商品は世界の金融商品の4~7%のみ。
たったの4~7%なんです。

しかも過去10年間の利回り実績が10%以上の、いわゆる〝世界最高水準〟の商品は日本には未上陸。

つまり日本には世界にある金融商品の中のほんのわずかな商品しかなく、なおかつ運用実績としても大したことがない商品しかない、ということですね。

#18 だからカモられる!「和製コピー金融商品に騙されるな!」の回でもお伝えしました。
日本に入ってきている〝和製コピー商品〟は本家のものからだいぶリターンが下がります。
これは流通業者が間に入ることによる中間マージン分、リターンが悪くなるということ。

せっかく世界の金融商品を買える状況にあるのに、本家ではなく、わざわざリターンが劣るものを買うなんて、とってももったいないことだなと思います。
でもこうしたグローバルスタンダードからかけ離れている日本の金融商品を、金融のプロと呼ばれている人たちから提案されているわけです。

海外金融商品を買ってきていいことを知っていれば、グローバルスタンダードからかけ離れた商品を提案されても、きちんと自分で取捨選択できますよね。

つまりカモられなくなります。

世界中の金融商品に目を向け、グローバルスタンダードな商品をぜひ手にしてください。

あなたの大切なお金を、大切な時間を使うわけですから、より良い投資ライフにしてくださいね。

結論より

結論
海外投資商品も選択肢に入れて自分に合った投資プランを手にしよう!

アールトラスト公式ラジオ「がんばらない投資チャンネル」、だからカモられる!「海外金融商品を買ってきていいことを知らない」を私、古田島が解説してきました。

結論は、
〝海外投資商品も選択肢に入れて自分に合った投資プランを手にしよう!〟でした。

国にも会社にも家族にも依存せず自立した経済力を手にするためにも、そして何よりも楽しい投資ライフを送るためにも、投資で成果を上げるための大切な考え方ですので是非とも参考にしてください。

私、古田島も応援しています!



記事を書いた人

Comments are closed.