Blog

ブログ

Aiko's BLOG

やっぱり「ルール」を作れる側が強いよね

ブログ

投資って怖いもの?危ないもの?
興味はあるけれど、ネガティブイメージが強い…そんなあなたに「正しい投資の姿」を伝えたい。
そんな思いから始まった、「がんばらない投資の相談室」。

第15回のテーマは「どうしてアメリカが強いのか」。
今回は、動画の後半についてをまとめていきますね!

「アメリカが強い」。
何に対する「強さ」を言っているのかといえば、「経済力(=生産性)」。
どうして、アメリカは、世界の覇権を握り続けられるのか
…その理由がこちらの3つでしたよね。

①人口が今後も増えて、イノベーション(技術革新)が起こる
②株式資本主義が当たり前
③企業に利益を挙げさせるための仕組みがある

前回の記事では動画の前編で解説されていた、
①の「人口」から読み取るアメリカの成長性を、私なりにまとめてみました。
前回の内容を覚えていない方は、ぜひ本編動画を見返してみてくださいね!

今回お届けするのは、②③の内容についてです。

世界の時価総額ランキング上位100社のうち、60社以上はアメリカ企業

「時価総額」って、聞いたことはありますか?

時価総額とは企業の価値を表す数字です。
「時価総額」が大きい=将来への期待が大きいという意味になります。

なんと、アメリカのIT企業4社(GAFA)は、
すでに日本の全企業の時価総額を超えてしまっているのだとか。
ニュースを覚えている方もいるかもしれません。
……当時の私は、経済記事に興味がなさすぎて、この動画で知りましたが笑

アメリカのすごいところは、その「4社だけ」の時価総額が高い、のではなく、
時価総額上位100位の企業のうちなんと、約60%をアメリカが占めている、ということ。

動画内でランキングが表示されていましたが、びっくりしませんでしたか?

例に上がっていたのが、「コカ・コーラ」や「Apple」。

「コカ・コーラ」や「Apple」と聞けば、
きっと、ほとんどの人が同じものをイメージするはず。
その認知度の高さが国の「強み」になるんです。

アメリカは世界の「ルール」を作れるから、覇権を握り続けることができる

認知度が高い=信頼度が高い。ということだけではなくて、
認知度が高い企業がある=世界の「主導権」を握れる、ということ。

主導権を握れるからこそ、世界中を巻き込むルールが作れる、ということ。
あなたがもし、ルールを作る側の人間だったなら。
ルールを作れる特権を活用して、自分の有利になるように、ものごとを進めませんか?

そもそもどうして、
時価総額上位100社の中で、アメリカ企業が60社以上もランクインできたのか。
他の国とは何が違うのか。

その理由は「アメリカ特有の考え方」にあります。

まず、アメリカでは「投資」が一般的である、ということ。これが話の前提です。
日本では「投資」に警戒したり、不安視をする人がまだまだ多いですよね。
……そう言う私も、警戒心はバリバリに強かった人間です笑

日本では、「投資よりも貯金」を選ぶ人が多い印象ですが、
アメリカでは、「貯金よりも投資」を選ぶ人が多いそう。

なぜ、当たり前のように「投資」ができるのか。
「投資」が文化だから、とか「そういう教育をしているから」とか
そんな理由ではなくて、投資をすれば、相応の見返りがある、と知っているから。

常に向上するのが当たり前。前年よりも業績は上げるのが当たり前。
企業は必ず業績を上げるから、投資をすれば、その分見返りが手に入る。
そうして、アメリカでは「投資」を選ぶ人が多くなるんです。

企業は常に生産性を高め合うので、
必然的に洗練した企業が時価総額ランキングの上位を占め、
国として覇権を握れるということですね。

ここまでにまとめてきた、
「人口から読み解くアメリカの強み」と「常に高め合うのが当たり前な企業風土」。
この2つは、アメリカを理解するための基礎知識(土台)です。

「がんばらない投資の相談室」が伝えたいのは、「アメリカ市場の強み」の話でした。
この話こそが、ストレスのない投資をするために必要なこと、でしたよね!
投資をするなら、なぜアメリカが良いのか。どうしてアメリカが選ばれるのか。
動画本編をご覧になった方は、最大のポイントを覚えていますか?

覚えていない方、まだ見ていない方は、動画本編をぜひチェックしてみてください♪
見終わったあとには、きっと「だから!アメリカなのか!」と大きく頷けるはずです笑

今回のブログで紹介した動画

Writer

滝田 愛子

滝田 愛子

投資経験ゼロなWebライター。将来に対するお金の不安を抱きつつも「見えないものは怪しい」と、投資には手を出したことがない。
しかし、「怪しいと感じるのは、知識不足が原因かも」と思い至り、「お金の不安を解消したいなら、勉強するしかない」と腹をくくり、投資の知識を基本から勉強中。投資初心者だからこそ!というのを武器に、皆さんと一緒に楽しい投資ライフを目指します。