Blog

ブログ

Aiko's BLOG

どうしてアメリカが「強い」のか。アメリカが「良い」のか。②

ブログ

投資って怖いもの?危ないもの?
興味はあるけれど、ネガティブイメージが強い…そんなあなたに「正しい投資の姿」を伝えたい。
そんな思いから始まった、「がんばらない投資の相談室」。

第16回のテーマは「どうしてアメリカが強いのか」PART2。
前回の本編動画をご覧いただいた方の中には、
動画最後でぼかされた「アメリカが強い理由の続き」が気になって、気になって…
今回の動画配信が待ち遠しかった方もいたのではないでしょうか?笑

「どうしてアメリカが強いのか」PART1(前回動画)では、
小川が「人口」に焦点を当てて、
アメリカが強い理由を解説していましたよね。

今回は、
世界の中でアメリカはどんな位置づけなのか」という観点から話をしています。

なぜ、アメリカの「経済力」は強いの?

アメリカの「強さ」といえば、何よりもその「経済力」。
どうしてアメリカが、世界をリードする「経済力」を持っているのか。
その理由を覚えていますか?

「世界の株式市場の約6割」をアメリカ市場が占めているから、でしたよね!

私はこの事実、初耳でした。
「え、そうだったの???」って思いませんでしたか?笑
世界の市場の半数以上がアメリカ…世界に対する影響力も高くて当然です。

アメリカに投資をする=世界の半数を占める市場に投資をする、ということなんですね。

さらに、あえてアメリカで上場している他国の企業もある、という話もありました。
つまり、アメリカ市場は「アメリカの企業だけ」が集まっているわけではない

そもそもアメリカが世界市場の約6割を占めていて、
さらに、アメリカ市場には世界各国の一流企業が上場している。

一流企業がアメリカ市場に集中している、
アメリカに投資をすれば、世界中に投資をするのと同じ
ような状況になる。

(よっしーが「世界の選抜チームがアメリカにある」なんて表現していましたよね!)

だから、投資先にアメリカが選ばれるんです。

今は「アメリカ」が優勢でも、そのうち「新興国」が台頭するのでは??

「新興国」といえば、BRICsなんて言葉を教わった記憶があるのではないでしょうか?
私は社会だったか、地理だったかの授業で
ブラジル・ロシア・インド・中国、と覚えた記憶があります。

確か当時は、
「これから経済的に飛躍をして、世界を引っ張っていく可能性がある国」、
と教わった気がしますが、それから早10数年…。
アメリカを追い越すほどの勢いは、まだ感じられないかな、と思います。

「新興国が台頭する」のは、たしかに経済的な発展はしているので、間違いではありません。

ただ、新興国は「経済成長」と「株価」が一致しない。と小川が言っていました。
どれだけ経済成長をしても、投資先としては力が弱いのは、なぜなのか。
「経済成長」と「株価」の関係とは、どういうことなのか…。
詳しい話は、動画本編で、チェックしてみてくださいね!

投資は「分散させる」のが常識だ、と言われるけれど…

全くリスクがない投資なんて、ありません。
万が一のことを考えて、お金を分散させておくのが基本。
投資先は「1か所」ではなく「分散」させることを、推奨されがちです。

けれど、今回の動画で解説されていたように、
アメリカは株式市場の大半を占めていて、
世界中の選りすぐった企業がアメリカで上場している

投資先として「アメリカ」を選ぶのは、一見「1ヶ所への投資」に見えて、
実は、アメリカ市場の構造を考えると、世界中の企業に投資をするようなもの。
世界中に「分散投資」をしているのと、同じような仕組みができるんです。

だから、「分散投資」をしなきゃいけない!と
いわゆる「投資の常識」を信じすぎるのも頭を固くするだけ…。
柔らかい頭を作るためにも、
このがんばらない投資の相談室を活用してみてくださいね。

経済は成長をしていても、株価が上がりにくい新興国よりと、
人口が今後も増え続け、かつ経済的にも強い基盤ができているアメリカ。
あなたなら、投資先としてどちらを選びますか??

今回のブログで紹介した動画

Writer

滝田 愛子

滝田 愛子

投資経験ゼロなWebライター。将来に対するお金の不安を抱きつつも「見えないものは怪しい」と、投資には手を出したことがない。
しかし、「怪しいと感じるのは、知識不足が原因かも」と思い至り、「お金の不安を解消したいなら、勉強するしかない」と腹をくくり、投資の知識を基本から勉強中。投資初心者だからこそ!というのを武器に、皆さんと一緒に楽しい投資ライフを目指します。