Blog

ブログ

Aiko's BLOG

美味しそうな投資情報との上手な付き合い方

ブログ

毎月第2・4水曜日、19時から1時間程度。
顔出しも声出しもせず、ラジオをBGMにしたカフェにいるかのように、投資のリアルを気軽に聞ける会員制の場所「R-TRUST CAFE」。

リアルタイムでの視聴が難しい方も、ぜひ、投資のここだけ話をアーカイブでチェックしてみてください笑。
(ICC正規会員さん・ICCメルマガ会員さんはアーカイブを視聴できます!!)

円安が進む今、本当に気をつけるべきは…

ざっくばらんな投資の「ここだけ話」。今回の話題は「投資情報との付き合い方」。
ニュースでも円安の話ばかりですよね。店長:小川と常連客:吉田さんの話では、まだまだ円安は進むのではないか、とのこと。チャートのノイズ(今後の見通しとの誤差)が大きかったとしても、時間をかけた長い目で見れば、ほぼ必ず右肩上がりになるから、中長期投資をしているなら、どんと構えていたら良い、なんて話がありました!

……とは言え、中長期投資をしているから大丈夫だ、と思っていたとしても、陥りがちなのが「他人の成功談」。自分の知っている人が「○○で(簡単に)上手くいった」なんて話を聞くと、つい自分も「○○」で同じ良い結果が欲しい、と思いませんか?

私の場合は、投資に「面倒くさそう。難しそう。損をしそう。宝くじ感」なんて印象を強く持っていたので、自分からFXやら短期投資に手を伸ばすことはなかったのですが。……もし、知人が隣で簡単にお金を増やして、良い思いをしていたら……自分も投資でもっと早く・楽にお金を増やしたい、と行動を起こしていたかもしれません。

きっとそんな風に、簡単に早くお金を増やしたい!と邪念をもったときに限って、『主婦の〇〇が成功したFX攻略術』のような「誰でも簡単」系の書籍を見つけて、運命を感じるんです。きっと…。

「他人のすぐ・簡単に上手くできた成功談」には、自分も「同じように成功するに違いない」と、つい期待をしてしまうような、自分の視野を狭くする作用がある気がします。吉田さんが、今が始めどき・買いどきではなくても、無理やり「良いところ」を探し始めてしまう、と言っていました。恋は盲目…ならぬ、「つい」は盲目…です笑

出来心で短期投資をしてお金を損したとしても、短期投資をすると決めたのは自分で、売買をしたのも自分。自分の行動の結果なのだから、どうであれ他人に責任転嫁はできません。責任転嫁をしたところで、お金は戻ってきません。大事なお金を使うのだからこそ、正しい知識をもって、リスクも承知の上で判断をしたいものですね!

世の中にはたくさんの情報があります。書店に並んでいる本の内容が100%、自分に役立ったり、自分と相性が良かったりするとも限りません。どの情報が自分には必要で、どの情報は不要なのか、判断する目を養うことが大切だ、という話で締めくくられました。

円安は大変、という認識。家計は大変だったとしても…

円安が進んで相場が大変なことになっている、というニュース。物価が上がるから家計・経営が大変、なんてインタビューが放送される場面を私も見たことがあります。が、どんな報道にも意図がある、というのが小川と吉田さんの持論。

海外に積立投資をしていると、円安の影響を強く受けるため毎月の拠出額が増えて、大変だという方もいるはずです。毎月の拠出額が増えるくらいならと、投資を止める人もいるようですが、中長期投資の場合は何より続けることが大事。今はチャートがどれだけ右肩下がりでも、次第に右肩上がりになる。続けられるのならば、投資し続けた方が良い、という話を小川はしています。

短期投資だと、チャート分析をするのも当たり前だし、どこで売買をするのか、常に売買の判断が迫られるので、精神的にも負担が大きい。中長期投資は、何より「時間」にまかせていたら良いので、安心感を得られる……ただし、投資している感が得にくいことだけが難点だけど。という話は、これまでも要所要所で小川が言ってきたことですね!

中長期投資をする、と決めたのなら、相場が下がっている時期はバーゲンセール期間。普段よりも多く買えるのならば、買っておいた方が、後々価値が大きくなりやすいなんてメリットがある時期です笑

やっぱり王道パターンが一番。

話を聞くに、どうにも世の中のトレンド(流行り)が変わってきているようです(……投資にもトレンドがあるんだな、と今回のカフェで学びました笑)。今の流行りは、持続可能な自然エネルギーを使っている会社を集めた株で、少し前まではAIやIT系が流行りだったのだとか。

この流行りの会社の株を集めた「テーマ株」なんてくくりがあるようです。一番世の中の関心がある話題・会社だから、投資先に選んでおけば安泰だ、と考える人も一定数いるようですが、流行りがあれば廃りがあるのは当然。10年15年先まで今と同じ「テーマ」が流行り続けるとは考えにくいので……テーマ株に投資をする=短期投資、と同じなんですって。

余力の資金でテーマ株に投資をしてみるのなら良いけれど、販売員や知人の勧めで言われるがままに、ブームだからと購入をするのは止めた方が良いです。……そもそもブームの商品は営業マン的に売りやすい……なんて吉田さんの裏話も在りました笑 ブームを起こす人の考えや、ブームをおこす意図に踊らされないようにしたいですね!

情報を見失わせるのは思い込みや固定観念。

円安、悪いインフレ。スタグフレーションの話。ネガティブな話題が聞こえると、すぐに安心をしたくなって余計な行動をしたくなってしまうのが人。危機感を持たせる言葉は、少なからず、ストレス・刺激を与えますから、つい思考が「悪い方向」へ傾いてしまいますよね…!

もしも…を想定することは、たしかに「備えあれば憂いなし」で必要ですが、もしも…の妄想を広げるよりも、今目の前の数字やデータから読み取れることは何なのか。誰の情報なのか。をよく見ることも忘れてはいけません。

大事な情報が見つけにくくなっている時代だからこそ、自分の目で判断する力がより必要になっている、と吉田さんも言っていました。

自分がどの投資をしていて、その投資の強みは何で、今はどんな時期なのか。これからどうなりそうなのか。その根拠は何なのか。自分が自信をもって答えられるように、他人の意見に惑わされないように、知識や考え方を鍛えていきたいものですね!

Writer

滝田 愛子

滝田 愛子

投資経験ゼロなWebライター。将来に対するお金の不安を抱きつつも「見えないものは怪しい」と、投資には手を出したことがない。
しかし、「怪しいと感じるのは、知識不足が原因かも」と思い至り、「お金の不安を解消したいなら、勉強するしかない」と腹をくくり、投資の知識を基本から勉強中。投資初心者だからこそ!というのを武器に、皆さんと一緒に楽しい投資ライフを目指します。