Blog

ブログ

カモられ度診断

だからカモられる!「金融商品を銀行や証券会社で相談する」

ブログ

楽しい投資ライフを手にするためのアドバイスとして毎日配信しているラジオ『がんばらない投資チャンネル』から、トピックを取り上げてこちらのブログで古田島が自分の見解をお話ししていきます。

今回は #14 だからカモられる!「金融商品を銀行や証券会社で相談する」についての解説。〝がんばらない投資〟でお金の不安を楽しく解消し〝充実した投資ライフ〟を実現するためにはどうしたらいいのか?カモられ度診断30の回答を一つずつ掘り下げていってみましょう!

#11「カモられ度診断」-30の質問- だから貴方はカモられる!
あなたが投資でカモられないための30の質問をしました。まだチェックしていないよ!という方は是非まず#11をお試しください。

ご相談を受けていると、「銀行で投資信託を買ったんです」とか「証券会社の人によく金融商品について相談しています」など金融商品について銀行や証券会社で相談している方もいらっしゃいます。

そして「銀行で言われるがままに購入した投資信託が塩漬けになっているんですがどうしたらいいでしょう」と相談を受けることもありました。

↓面談事例として下記ブログに書いています。

ニート金を社会復帰させて活用させたお客様事例

こちらのブログでも書いていますが、銀行に言われるがままに買ったもののどうにもこうにもならなくてずっと塩漬けにしてしまっている、と悩まれている方も結構多いです。

銀行や証券会社はお客様にとって本当に良いものを勧めているのでしょうか。
もちろん顧客第一!自分は二の次という営業マンもいるとは思いますが、自分たちに入る手数料が高いものを勧める傾向が高いです。

例えばテーマ型投資信託。
あるテーマに関連する銘柄を組み入れているのがテーマ型投資信託ですが、近年だとAIに関連した投資信託など人気が高かったりします。しかしこういったものは手数料が高い傾向にあります。
でも「今とっても伸びているんです!」「注目のファンドです!」など言われてじゃあ投資してみようと購入してしまう人も多いんです。
そして結果塩漬けにしてしまう。増やしたいと思って期待して買ったのにそうならなかったというのは悲しいですよね。

私たちがよくお伝えしているのは〝世界の金融商品の中から選んだ方がいいですよ〟ということです。

あなたは知っていますか?
実は世界の金融商品の4~7%しか日本には入ってきていないという事実を。
日本は金融後進国と言われています。そして金融鎖国とも。

日本の銀行や証券会社では世界の金融商品の中のほんの僅かな、限られた商品の中から勧められているのです。
しかも日本に入ってきて銀行や証券会社で販売されるまでにたくさんの問屋さんを通ってくるため、利益が少ない物ばかり。
だから塩漬けになってしまう人が多いわけですね。

〝あなたの大切なお金〟を同じ時間を使って育てていくのに、より良い商品で運用できた方がもちろんいいですよね。
そのためには日本の中だけという狭い範囲ではなく、世界の金融商品の中から選んでいくといいでしょう。

私たちがおすすめしているがんばらない投資を着実に進めるにあたっては、「グローバルスタンダードな金融商品」で運用することが大切になってきます。

ぜひあなたも「グローバルスタンダードな金融商品」を活用して、楽しい投資ライフを送ってくださいね。

Writer

古田島 三和

古田島 三和

一部上場企業に勤務時代、弊社代表 小川の個別マネー相談で説明された〝海外投資を活用した資産運用〟に大きな衝撃を受け、現職へ。現在は自身でも〝海外投資〟を研究し、かつて大手企業勤務時代に拭えなかった将来に対する大きな不安を解消することに成功。その不安解消の成功体験を個別マネー相談に活かしながら、全国の20代・30代女性のお金の悩みに寄り添ったコンサルに定評がある。
趣味は、ショッピング・ライブ・美味しいものを食べること。