Blog

ブログ

カモられ度診断

だからカモられる!「多忙な日々を送っていてお金の使い道がない」

ブログ

楽しい投資ライフを手にするためのアドバイスとして毎日配信しているラジオ『がんばらない投資チャンネル』から、トピックを取り上げてこちらのブログで古田島が自分の見解をお話ししていきます。

今回は #35 だからカモられる!「多忙な日々を送っていてお金の使い道がない」についての解説。〝がんばらない投資〟でお金の不安を楽しく解消し〝充実した投資ライフ〟を実現するためにはどうしたらいいのか?カモられ度診断30の回答を一つずつ掘り下げていってみましょう!

#11「カモられ度診断」-30の質問- だから貴方はカモられる!
あなたが投資でカモられないための30の質問をしました。まだチェックしていないよ!という方は是非まず#11をお試しください。

結論はこうでしたね。

「国や会社や家族に依存せず自由に生きるための経済力を身につけておこう!」とのことでした。

クライアントさんと話しているときに

忙しくて何もできない。でもお金をそのままにしているからもったいないんだよね

なんて言われることがあります。

弊社のクライアントの中でもお医者さんからは特にこんな言葉を聞きます。
言われた通り、とってももったいないことですよね。

自分が働くだけでなく、お金にも働いてもらうことはとても大切なことですし、さらにその働いたお金が将来の自分の応援団になることは間違いないです。

私もお金をそのままにしているな

なんて思った方、ぜひこのラジオを聞いてみてください。

アドバイスについて

「可能な限りほったらかしで、可能な限りしっかりお金を増やしていくのがいいんじゃないですか」とラジオで小川は言っていましたね。

私たちはこのラジオやブログ、小川の書籍などでいつも皆さんにこんな話をしています。

国や会社や家族に依存せず自由に生きるための経済力を身につけましょう!

この言葉の通りで、何かの時のために「お金を育てておく」ことをお勧めしています。

私の知っている方で、経済力を身につけたら離婚して一人で生きていく!と言っていた方もいますが、自由に生きるためにはやはりお金があった方がいいですよね。

ではこのお金、どのようにしたらいいかというと、労働で稼ぐことだけではなかなか大変です。

「お金」自体に働いてもらえたら、
「自分+お金」でより加速してお金を増やすことが可能になっていきます。

そして〝なるべくほったらかしで、でもしっかりお金を増やしていくこと〟を私たちはおすすめしています。

そのためにはいくつか押さえておくべきポイントがありますので、見ていきましょう。

信頼できるプロに任せよう!

国内のサラリーマンプロではなく海外のプロがいいですよとラジオでお話ししていました。

国内の運用のプロと呼ばれる人たちはサラリーマンなんです。運用に失敗したとしてもお給料はもらえる。
でもお客さんは運用によって損をした上に、プロに払う手数料もしっかり払うわけですよね。

つまりお客さんは損をすることがあっても、国内のプロはお給料がもらえるわけで損をしないんです。
もちろん社内評価などは下がるでしょうが、クビになったりはしません。

一方、海外のプロは国内のプロと違って、運用に失敗したらお客さんにソッポを向かれます。
「この担当者は成績が悪いから交代してほしい!」というお客さんの要望が通るのが海外のプロです。

国内では担当を変えてくれなんて言えないですよね。

海外では結果が出ないプロの会社は倒産し、優秀なプロが揃う会社が存続できる、競争がとても激しい世界です。

サラリーマンである国内のプロではなく、競争の激しい中でしっかり成績を出している海外の運用のプロに任せること。
これが大切なことの一つです。

非課税・複利・高利回り・ドルコスト平均法で!

可能な限りほったらかしで運用したいのであればこの

「非課税」「複利」「高利回り」「ドルコスト平均法」

を活用しましょう!

まず「非課税」。
#23の回でお話ししました「オフショア」を活用することで、自分のお金をよりよく増やしていくことができるのです。

次に「複利」。
複利については下記ブログの中で説明しています。

中長期の投資をおすすめする理由

上記ブログの中のグラフをご覧ください。
複利を活用するかしないかで大きな差がついていることがわかりますよね。

複利は長期になればなるほどその威力も大きくなります。
私たちがおすすめしている〝がんばらない投資〟は中長期で行っていくもの。
複利の活用はとても大切な要素の一つです。

そして「高利回り」。
例え「非課税」「複利」が揃ったとしても、利回りがほぼゼロではお金は増えません。
日本の銀行預金金利は0.001%。
多くの方が活用している個人年金保険なども利回りに直すと1%もないという事実、ご存知でした?

個人年金保険の利回りについては下記ブログで解説しています。

お金を増やしたいなら積立型保険はやめよう④ 〜個人年金保険〜

日本で高利回りなものを探すのは大変ですが、日本から一歩外に出てみると、年利5%の定期預金があったり、積立型保険でも4%確保されているものもあります。

#22でもお話ししましたが、海外金融商品も視野に入れて、たくさんの〝運用力がある商品〟から選んでいくと、よりよくお金を増やしていくことができるのです。

最後に「ドルコスト平均法」。
これは〝簡単に誰でもできる投資手法〟です。
ほったらかしで運用したいのであれば、絶対に取り入れるべき手法ですね。

簡単にお話しすると、一定の金額を定期的に投資していきます。
例えば毎月1万円をひたすら投資していくといったもの。
具体的には下記ブログの中で解説していますのでご覧ください。

中長期の投資をおすすめする理由

ここまで簡単に解説してきましたが、詳細については小川の著書や弊社の公式LINEのお友だち限定セミナー内でも話していきますので、よろしければこちらもぜひチェックしてみてください。

「非課税」「複利」「高利回り」「ドルコスト平均法」を活用すること。
そして運用を任せるのは「海外のプロ」。

これらのポイントを押さえると、なるべくほったらかしで、でもしっかりお金を増やしていくことが可能になります。
将来の自分の応援団を、上記のポイントを押さえて作っていきましょう!

メリットについて

小川がラジオで3つメリットを挙げていました。

その中で私も感じることができたメリットは、「自分自身を助けてくれる応援団を作ることができる」ことです。

自分自身が育てたお金は裏切らないですよね。

何かあった時、

国の社会保障があるじゃないですか
会社の福利厚生があります
生命保険に入っているので

などなど思う方もいらっしゃると思います。

もちろん、そういった活用できるものを活用することは大事ですが、頼りすぎるのはおすすめしません。

国の社会保障、今の保障がこのままずっと続くと思っていたら危険かもしれないですよ。
今の社会保障は人口が増加し経済が発展している時代に作られた制度であり、経済発展や人口増加が前提となっています。
2025年には人口の三分の一が65歳以上になる日本、今の社会保障の継続が難しいのは自明ですね。

会社についても同様です。
今ある制度がずっと続くかといえばそれはわからないですよね。

コロナ禍で様々な企業が打撃を受けています。
以前から言われていましたが、コロナきっかけで健保財政の悪化が早まっているそうです。

日本経済新聞:コロナで健保財政が悪化 解散危機の水準、1年早く

会社の制度が変わっても問題ないように対策しておく必要がありそうですね。

それから生命保険。
日本人は保険加入率が高く、医療保険やがん保険などに加入されている方も多いです。

保険に入っているから病気になっても大丈夫!安心!
と過剰に期待しないようにしましょう。

身内が病気になって私が思ったことは、治療費はなんとかなる、でも病気によって仕事ができなくなった時の収入源がないと困る!でした。

医療保険に入っていれば入院や手術などで給付金を受け取れます。もちろんそれは助かります。
ただ、病気の状態や職業にもよりますが、病気によってその後働けなくなるというのが一番困るなというのが実感でした。

傷病手当金や障害年金などといった社会保障もあります。
でもそれまでの生活に比べたら収入が減りますから、不安は付き纏いますよね。
ここに自分で育てたお金があれば、その不安もだいぶ減るのではないでしょうか。

何かあった時に自分自身を助けてくれる応援団を作ること。
とても大事なことだと私は思っています。

このラジオをきっかけに、自分自身を助けてくれる応援団を作り、国や会社や家族に依存しなくても大丈夫!という方が増えていくことを私たちは願っています。

結論より

結論
国や会社や家族に依存せず自由に生きるための経済力を身につけておこう!

アールトラスト公式ラジオ「がんばらない投資チャンネル」、
だからカモられる!「多忙な日々を送っていてお金の使い道がない」を私、古田島が解説してきました。

結論は、
〝国や会社や家族に依存せず自由に生きるための経済力を身につけておこう!〟でした。

国にも会社にも家族にも依存せず自立した経済力を手にするためにも、そして何よりも楽しい投資ライフを送るためにも、投資で成果を上げるための大切な考え方ですので是非とも参考にしてください。

私、古田島も応援しています!

Writer

古田島 三和

古田島 三和

一部上場企業に勤務時代、弊社代表 小川の個別マネー相談で説明された〝海外投資を活用した資産運用〟に大きな衝撃を受け、現職へ。現在は自身でも〝海外投資〟を研究し、かつて大手企業勤務時代に拭えなかった将来に対する大きな不安を解消することに成功。その不安解消の成功体験を個別マネー相談に活かしながら、全国の20代・30代女性のお金の悩みに寄り添ったコンサルに定評がある。
趣味は、ショッピング・ライブ・美味しいものを食べること。