Blog

ブログ

はじめの一歩

投資を始めてみたい!誰に相談すればいい?

ブログ

投資に興味はあるけれど、ネガティブイメージが強いあなたに「正しい投資の姿」を伝えたい。
そんな思いから始まった、「がんばらない投資の相談室」。

第2回のテーマは「投資の勉強方法」について。
本編は、もうチェックされましたか?
(本編は公式LINEの「セミナー」で公開中です✨)

動画前編では、投資は「本」を読むことから始めることが良い、と話していましたね!
今回は、動画後編で語られていた「誰を信じたらいいの?」という話を掘り下げていきます。

投資の相談をするなら…「これ」に答えられる人を選ぶこと!

学校に通う生徒でいる間は、先生が教える知識をそのまま吸収したら良かったけれど、社会人が、新しいことを学ぼうとすると「誰の言葉を信じるか」という壁がまず立ちはだかります。

自分で先生を選べるのは、嬉しいことだけれど、一方で、「誰から聞くか」を間違えると、時間のロスがもったいないことに…泣
せっかく新しいことにチャレンジをするのだから、苦労や努力はショートカットできるに越したことはありませんよね!

投資の相談をするときに「このひとは信頼できるのか」と相手を見抜くポイントを、動画で小川が話していました。

そのポイントとは、ずばり!
「ドルコスト平均法」を説明してもらうこと。

「ドルコスト平均法」をこの動画で初めて知った私からすると、さらっと解説してくれた人をそのまま信じてしまいそう。

ですが、投資をしたことがない人や、教科書どおりの知識しかない人は、「こう答える」と小川が説明をしていたことを、覚えていますか?
「投資をしたことがない人」を投資の相談相手に選ぶのも、成果を出しているフリをして、実は失敗ばかりしている人を選ぶのも、リスキーですよね。ちゃんと経験豊富で成果を出している人を相談相手に選びたいものです。

「ドルコスト平均法って何ですか?」
この質問で、投資経験のある・信頼できる人を見つけてから、相談をしましょうね!

海外投資の情報が少ない理由…業界のウラ話!!

投資を始めよう!と、いろいろ調べ始めると「海外投資」の存在を見つけました。なんとなく、投資先を海外にすることができるんだな、という印象を持った私です。

英語がわからないから、なんとなく難しそう…
ドルとか為替とかって、なんとなく面倒くさそうな気がする…
国内で投資をしたことがないのに、いきなり海外に投資をするなんて…
そもそも私の周りに「海外投資」をしている人はいないし…
投資先を海外にするって、どうなの?

と、思いませんか?

海外投資の情報を私達が知らないのには、実はちゃんと「理由」があるんです。

身の回りにいる、お金の相談相手といえば…保険の営業さんやFP(ファイナンシャルプランナー)、銀行など。
後は、両親・親族に投資をしている人がいたら…とそのくらい。
日本の投資のことだけではなく、海外投資まで知っている人を見つけることって、難しいもの。

身内ならまだしも、「お金を扱う」仕事をしている人が
自社商品以外の美味しい話を教えてくれる可能性って、果たしてどのくらいでしょうか?

自社の商品よりも、仮に「海外の商品」の方が優れていたとしても、考えるのは自社の売上。
何も知らないお客さん(私のようなお金の素人)には、当然のように自社の商品をすすめますよね。

自社の商品を売るために、営業さんがいるんです。
ついつい、プロ(っぽい営業さん)が勧めてくるから、信頼をして(自分では調べていないけれど)契約をしてしまう。

そんな経験はありませんか?

私自身、社会人になりたての頃に、両親の勧めで積み立て保険に加入しました。
(貯金ができない性格なのだから、積み立てしておきなさい!と言われました笑)
そういうものかとただ、営業さんのすすめるがままにサインをしたのですが、この動画で小川が話していた「業界のウラ話」にびっくり!!「なるほど…そういう仕組みがあるから…あの人はあの時…」と思い出すものがありました笑

銀行でも保険でも、その組織の人がすすめるのは、自社商品への愛からの行動かもしれません。がその一方で、「仕事(=自分の収入に繋がる)」だからという側面も当然ある、ということ。
保険の営業さんなら、保険をすすめるし、銀行に相談にいけば、銀行の商品を勧められます。

投資をしたい、と相談をするならば、動画前編でも話していたように、まずは、やさしい本で投資の種類や仕組みをさらっとでも、知ることから始めた方が良いですね!

投資の「わからない!」は信頼できる人に質問しよう♪「教えてよっしー!」

やさしい本を読んでみた。信頼できる人に聞いてみた…けれど「わからない!!」という壁にぶつかることって、大いにあります。

疑問に思ったことは、周りの人に質問をしてもよいけれど、本当にその答えは「フラット」?質問に答えてくれた人の先入観や好みが入っていない?

私は、自分で情報を正しく判断するためにも、投資をフラットに(平坦に)教えてくれる人に質問をしたい。だから、私はわからない壁にぶつかったとき、「よっしー」の力を借りよう!って決めています笑

動画のナビゲーター「よっしー」。
ICC公式LINEから、よっしー宛に質問を送ることが出来るんです。すると…なんと…あなたの代わりに、小川に質問をしてくれます!

これってどういうこと?こんなとき、どうしたらいい?
どんなときも新しいことにチャレンジすると、わからないものにぶつかりますよね。
調べてみたけれど、この答えで合っているのか不安…

そんな「わからないだらけで不安になる」のは、精神的にもよくありません笑。わからないことは、さくっと身近に信頼できる人に聞いて解決すべき!あなたに信頼できる投資の先生がいないなら、是非、「よっしー」に頼ってみてください♪
ICC公式LINEに「教えてよっしー」と入力すると質問を送れる専用フォームが現れますよー!

Writer

滝田 愛子

滝田 愛子

投資経験ゼロなWebライター。将来に対するお金の不安を抱きつつも「見えないものは怪しい」と、投資には手を出したことがない。
しかし、「怪しいと感じるのは、知識不足が原因かも」と思い至り、「お金の不安を解消したいなら、勉強するしかない」と腹をくくり、投資の知識を基本から勉強中。投資初心者だからこそ!というのを武器に、皆さんと一緒に楽しい投資ライフを目指します。