Blog

ブログ

Aiko's BLOG

日本には世界のわずか4~7%だけ!?世界を知らないって損!

ブログ

投資に興味はあるけれど、ネガティブイメージが強いあなたに「正しい投資の姿」を伝えたい。
そんな思いから始まった、「がんばらない投資の相談室」。

第4回は、金融商品を銀行や証券会社で相談する前に、ぜひとも知っておいて欲しい裏話。
前回のブログでは、海外インデックスファンドの「和製コピー」を買ったらもったいない!という話が出ていました。

インデックスって何だっけ?と思った方は、こちらの前回記事もどうぞ。

金融機関の「大人の事情」って?実は、日本は「金融鎖国」状態…

金融商品でも、習い事でも、何かのセミナーでも。ただ、なんとなく相談をするつもり・状況を聞いて欲しかっただけなのに、気付けばそのまま契約をしてしまった経験はありませんか? 

自分に十分な知識があれば、判断できるから良いものの、知識不足でついつい丸め込まれてしまうことは、往々にしてあると思うのです。

お金を例にするならば、銀行や証券会社など金融機関は「お金のプロ」だから、と相談相手に金融機関を選びがちです。けれども、忘れてはいけないのは、銀行も証券会社もボランティアではないということ。仕事には「本音と建前=大人の事情」があります。自社の売上を伸ばしたい!と考えるのは、誰だって自然なこと。「お客様に役立つ情報」よりも「自社の利益」を取ることだってある訳で…。私達(相談する側)にとっては、知識がないから、相手を信じるしかないんですよね。

国内には世界の金融商品のうち、わずか4~7%しか入ってきていない、と小川も言っていましたよね。
まさに、金融鎖国状態。例え、世界の金融商品に詳しい人が金融機関にいたとしても、わざわざお客様に「自社の商品よりも、こっちの海外商品の方が良いですよ」なんて、利益にならないから教えてくれません。

だからこそ、「誰に相談をしたらよいのか」を決めることがとっても大事。

「知っていてやらなかった」のと「知らなくてできなかった」。結果はどちらも「やらなかった」ですが、どちらの方が良いですか?

私は、「知っていたけれど、自分には不要だったからやらなかった」と判断できる方が良いです。自分で自分の行動を判断した方が、結果に納得ができるから。投資はあくまで自己責任だからこそ、他人に言われるがままに「流される」のではなくて、自分で選びたい。

自分で情報を選択するためには、「金融機関に属していなくて、かつ海外の投資知識も豊富な人」から学ぶこと。これが大事だなと、感じています。

小川も動画で言っていたように、Googleの翻訳機能を駆使して、海外から情報を自力で手に入れることもできますが、「海外投資アドバイザー」を味方につけた方がより確実で、より早く情報が手に入るもの。情報は「与えられるのを待つ」のではなく、取りにいく。そんな意識は、持ったほうが良さそうですね。

無料マネーセミナーに参加をしたら、実はこんなオチがあった!?

先輩の古田島に聞いた話です。「海外投資アドバイザー」を仕事にする前に、ご縁があって「無料マネーセミナー」に行ったことがあるんですって。私自身は行ったことはありませんが、存在は知っていました。(学生時代に登録した就活サイトのメルマガから、今でもたまに「FP(ファイナンシャルプランナー)主催の無料マネーセミナー開催のお知らせ(お菓子つき)」がメルマガ号外として届くのです。)

そのセミナ-では、投資は海外が良いと話をしていたそうですが、一番最後には国内の保険商品の購入を勧められたとのこと。この「国内の保険商品」がいわゆる「和製コピー商品」だったのだとか。よくありそうな話ですから、同じ経験のある方も多いかもしれません。

いくらセミナーは無料でも、セミナー講師の仕事がその「国内保険商品」を販売することだった、という話。無料ほど怖いものはない、なんて子どもの頃に教わったことを思い出しました。無料には「ウラ(下心)」があることは、何かと多いですね。

人が何かを勧めるとき。お金が絡まなければ、ほぼほぼ善意からのアドバイスだったりしますが、一方で、仕事や締切、利益が絡むときには要注意。自分の知識がないことを狙われていないか、流されていないか。ときに立ち止まって考えることも大切です。

私は、以前母親の勧めで、銀行の15年長期積み立て保険に加入をしたことがあります。その当時は、今以上にお金の仕組みなんて知らなくて、ただ窓口の方の勧めるがままにYESを。この「がんばらない投資の相談室」の本編動画を見るようになってから、「数年前のあのときに…銀行の積み立て保険ではなくて、積み立て投資をしていれば、今頃…」と、知識不足がもったいなかったと強く感じます。情報が変わるスピードは早いから、「当たり前」もどんどん情報を吸収して刷新しないと、乗り遅れてしまいますね。

以前小川が言っていましたが、この「がんばらない投資の相談室」は、できるだけ私見を挟まないように、フラットに情報を発信している場所。だからこそ、私のような投資初心者(で流されやすいタイプ)は、基礎から学ぶために有効なんですよね。これまでの本編動画を、一体何回再生したことか…笑

日本に入ってきていない、残りの96%もの投資情報を活用して、投資の可能性を拡大させたいのなら、信頼できる「海外投資アドバイザー」を選ぶこと。本編動画を見た後は、きっと相談したくなるはず!(私は迷わず相談しますー笑)

公式LINEからは、30分の無料相談の申し込みができます。スマホならメニューが表示されますので、「オンライン個別相談」をタップしてみてくださいね。

正しい情報を持っている人から、正しい知識を学ぶことが、一番安全で近道だと私は信じています♪

今回のブログで紹介した動画

Writer

滝田 愛子

滝田 愛子

投資経験ゼロなWebライター。将来に対するお金の不安を抱きつつも「見えないものは怪しい」と、投資には手を出したことがない。
しかし、「怪しいと感じるのは、知識不足が原因かも」と思い至り、「お金の不安を解消したいなら、勉強するしかない」と腹をくくり、投資の知識を基本から勉強中。投資初心者だからこそ!というのを武器に、皆さんと一緒に楽しい投資ライフを目指します。