Blog

ブログ

Aiko's BLOG

親や昔の投資手法を真似ていませんか?

ブログ

投資に興味はあるけれど、ネガティブイメージが強いあなたに「正しい投資の姿」を伝えたい。
そんな思いから始まった、「がんばらない投資の相談室」。

第7回のテーマは「親や昔の投資手法を真似ていませんか?」。

子どものころ、わからないことがあれば、何でもまずは親に聞いていた…なんて方もいらっしゃいますよね。
(料理のレシピを聞いたときに「調味料は適当」と母親に言われ、「適当ってどのくらい?!」と突っ込んだ経験があるのは、きっと私だけではないはず笑)

人生の先輩でもある親の言葉。経験談や失敗談から、学べることはたくさんあります。

ただ、忘れてはいけないのが、「親が経験した時代が今とは違う」ということ。
祖父母世代・曽祖父母世代の話を聞いて、「そんな時代があったのね」と感じるように、
実のところ親世代と今との間にも「時代のギャップ」があるんです。

親が「わからないことは止めておけ」と言うのは、ただ心配しているだけ

今回の動画では、一昔前と今とでは異なる「投資の当たり前」についてが紹介されていましたね。

投資の相談をしてみても、「不動産投資」や「株式投資」の話ばかり。
最近、「投資」でググるとよく目に付く「【ETF】や【FX】はどう?」と聞けば、
「 よくわからないから・危なそうだから、止めておけ 」と言われた人もいるのではないでしょうか?

実際、「ETF」も「FX」も全く怪しい手法ではないのですが、
親が「よくわからない」と答えるのは、仕方がないことなんです。

親世代の投資と言えば、「株や不動産」が当たり前だったから。
「ETF」も「FX」も登場してから、まだ20年ちょっとの新しい投資手法なんです。
だから、親が経験したことがない投資手法、ということ。

まして、親世代は定期預金の金利も高かった時代を知っています。
銀行に預けるだけで、お金がどんどん増えた時代。
「投資をして資産を増やさなきゃ!」と焦ることもなかった世代です。

片や、今の私たちは銀行に預けたところで、金利0.001%。
10万円を1年預けても、利息で増えるのはたった1円…。
「投資」で効率よくお金を増やしたい!と思うのは、最早自然なこと。

親が「よくわからない」と答えたのは「危ない投資だから」という意味ではなくて、
親は経験をしたことがないから、良いとも悪いともわからないだけ。
わからないながらも、「万が一危険だとあなたのためにならないから」止めているだけなんです。

百聞は一見にしかず!親が答えを知らないなら、自分がやってみれば良いのでは?

親の言葉は、あなたを心配をしているだけ、ということを踏まえて、
自分のできる範囲で「やったことがないことにチャレンジをして答えを出す」ことも大切です。
百聞は一見にしかず、と言いますし!

実際に取り組んでみると、情報のアンテナがたつ、と言いますか、
色々気になって、自分でも調べたり、より興味が深まったりするものです。

こちらの方は、投資をきっかけにFP(ファイナンシャルプランナー)資格も取得した、とお話しされていました。

最初の一歩が、自分の世界をどんどん切り開いてくれるんですよね!

親が「わからない」「経験がない」ということに関しては、
親もあなたも同じスタート地点、ということです。

ならば、親が「止めたほうがよい」と言ったから「手を出さない」と決めるのは、時期尚早だと思いませんか?

全財産を投じるような「賭け」をするのは危険ですが、
自分が経験のため、「まあ、失敗してもこのくらいならいいか」と思える金額
(例えば、ゲームで課金するくらいの額…笑)で、どんな手法なのかを試してみる価値はあると思うのです。

親から、「投資をするなら、金(ゴールドの方)が良い」と言われた方や
「不動産や株」を勧められた方、「銀行に預ければ大丈夫」と言われた方。

相談をすれば、いろいろなアドバイスが返ってきますが、その言葉通りに受け取る時期は過ぎていますよね。
子どもなら「親の言うことは絶対」で良くても、18歳を過ぎれば大人です!

アドバイスはあくまで「助言」。結論は「自分で決める」こと!

「親子」として、親の「やめておけ」を自分の価値基準にするよりも、
「大人」として、「経験をしてから良し・悪しを判断」しても良いのではないでしょうか?

親の判断をそのまま自分の判断基準にする前に、やったことがないのなら、まずはチャレンジをしてみる。
自分から動いて「実体験」をするのも大事ですよ!

どんなことも、どんなときも「その道の先輩」がいると安心しますよね。
聞けば、答えが返ってくるのだから。
だけど、「その道の先輩」が経験した時代と今の時代とでは、
人口比率や経済の動きなど、全く同じなものはありません。

相談をして返ってきた言葉はあくまで「アドバイス」。
自分で時代に合わせて、「アドバイス」から必要な部分のみ吸収して、
足りない部分は実践で補うことが、自分のスキルを高めるのでおすすめですよー!

今回のブログで紹介した動画

Writer

滝田 愛子

滝田 愛子

投資経験ゼロなWebライター。将来に対するお金の不安を抱きつつも「見えないものは怪しい」と、投資には手を出したことがない。
しかし、「怪しいと感じるのは、知識不足が原因かも」と思い至り、「お金の不安を解消したいなら、勉強するしかない」と腹をくくり、投資の知識を基本から勉強中。投資初心者だからこそ!というのを武器に、皆さんと一緒に楽しい投資ライフを目指します。