Voice

メンバーの声

Special Interview
東京都 N.Nさん/M.Oさん

東京都 N.Nさん/M.Oさん

海外投資でリスク分散!おもしろいと思ったからこそお友達にも話せました。知らないと怖いですね(笑

プロローグ

もともと弊社のお客様だったMさんと同僚のNさん。

日本の銀行ではお金が増えていかないのでどうしようかなと思っていたMさんは
こんなに魅力的なものがあるならやってみようと、海外投資をスタート。

元々いい情報は共有するという関係のお二人だったので、
Mさんから海外投資の話を聞き、Nさんも海外投資を一緒にスタートすることに。

まずは少額からスタートされましたが、
スタートして約2年経った今。。。

コロナのタイミングを経ても安定して増えている!
というリアルな数字を見てビックリ!

もうちょっと額を増やしてやっていきたいと
絶好のタイミングでお二人仲良く増額をされました。

そんな仲良しMさんとNさん。

Mさんの

増えたお金を再投資してコツコツ増やしていきたい!
さらに上手にお金を増やせるように勉強していきたい!

と投資に意欲的な言葉がとても印象的でした。

またNさんの

海外投資をスタートしたことで
老後の不安がなくなり、今を楽しめるようになった!
今を楽しめるゆとりができたことでいろいろなことにチャレンジできる!

と話されていた笑顔もとても印象的でした。

海外投資をしないことの方がリスクが高いと思うようになった
というお二人のインタビュー動画をご覧ください。

インタビュー(動画で見る)

インタビュー(文章で読む)

古田島:もともと弊社とお付き合いがあるお客様ということで、弊社の方からこんなお話ありますよと海外投資の話を持っていきましたが、最初その時はどう思いました?「え、なんか来た!?」という感じだったのか、「なんか怪しい話?」など、率直な感想はどうでしたか?

M・Oさん:日本の銀行にお金を入れていてもお金が増えていかないのでどうしようかなというのがあったので、そんな魅力的な話があるんだったらちょっと少額で何かやってみようかなというのがきっかけでした。

古田島:じゃあ結構前向きな感じでしたね。

M・Oさん:そうですね。少ない資金で始めれば、何かもし騙されても大丈夫かなって思ったのでちょっとやってみようという感じでした。

倉石:もともと何か探しているところにちょうどよく弊社がお話を持っていったという感じだったんですね。

M・Oさん:うーん、そうですね、そんなに知識がないので何か探していたまではいかないですけど、でも何かいい話があればなというのはいつも思うので、そこで教えていただいて良かったなって思います。

古田島:知識がないとおっしゃっていましたが、海外投資というものに関しては何かご存知でした?

M・Oさん:海外投資・・・何か株を買ったりとか、あと、金の延棒みたいのを買うとか・・・ていうくらいしかわからなかったです(笑)

古田島:じゃあ、なんとなくのイメージはあったけれど全然わからなかったみたいな感じですかね、スタート時点は。

M・Oさん:はい、そうです!

古田島:ありがとうございます。今度はNさんに質問させてもらいたいのですが、Mさんからお話を聞かれて、私も話を聞きたいなという感じで来られたと思います。Mさんから最初に話を聞いた時はどんな印象でしたか?

N・Nさん:Mさんからの紹介だったので特に悪い印象はなかったですが、こういうことが初めてだったのでどちらかというと心配とか不安とかというのは少なからずありました。でもMさんもおっしゃっていた通り、少額だったら失敗したり騙されても挽回はできるかなというところですね。

倉石:もともとお二人お友達ということですが、お友達同士でお金のこととかお話しすることそんなにないじゃないですか。普段からMさんとNさんはそういう相談をよくされていらっしゃったんですか?

N・Nさん:NISAとかふるさと納税とかIDecoとか、そういう世間で話題になっていることがあればそういうのは調べて、これが良いんじゃないかなとかそういったものを共有するということはよくありました。

倉石:そうなんですね。普段から少しアンテナを張っていてそこに引っかかってくるようなことを共有していらっしゃるってことだったんですね。

N・Nさん:そうですね。やるかやらないかは個々での判断ですけども、良い情報は共有するというような流れはできていたと思います。

倉石:海外投資について初めて聞いた時に、聞いてすぐNさんに話そうと思いましたか?

M・Oさん:そうですね、結構すぐにお話ししたと思います。

倉石:それはどうしてですか?

M・Oさん:そうですね、毎日のようにNさんとは会話してますけど、お得な情報とか絶対これ良いよというのは最初に伝えたいなと思うので。ちょっと私もやってみるけど、どう?一緒にやってみない?という感じですぐに紹介をしたと思います。

倉石:ありがとうございます。

古田島:実際に具体的な話を聞いて、少額だったら騙されても大丈夫かなとおっしゃっていましたが、ご家族とか誰かに相談は特にされなかったですか?

M・Oさん:特にしてないです。

古田島:ご自身の一存で。相談する必要はないかなと。

M・Oさん:そんなに大きな額でチャレンジしていないので。自分のポケットマネーで責任が取れる範囲で開始という感じなので、別に良いかなと思って。

古田島:なるほど。Nさんはいかがですか?

N・Nさん:全く同じです。誰にも相談してないです(笑)

古田島:そうなんですね!結構2人とも、自分で決めたらこうやる!人の意見よりも自分!みたいなイメージですか?

N・Nさん:そうですね、責任を取れる範囲でやっているというのがわかっているので、誰にも迷惑かけないでしょということかもしれないです。

古田島:海外投資は初めてですが、特に躊躇はなかったということですね?

N・Nさん:そうですね、どちらかというと輝かしい未来が待っているみたいな。

倉石:期待の方が大きかったんですね。

N・Nさん:期待の方が大きいですね。

古田島:なるほど、ありがとうございます。

古田島:お二人ともご自身で決められるし、むしろ期待値が高かったとおっしゃっていましたが、スタートしてからお二人とも多分もう2年くらい経つと思います。その2年くらい経つ今、スタートした時と今では、何か心境の変化などありますか?

M・Oさん:そうですね。2年経過して、コロナとかありましたけど、そこでガクッて下がることもなく安定しているのかなと思うので、もうちょっと額を増やしてやっていこうかなと思っています。

古田島:ありがとうございます。Nさんはいかがですか?

N・Nさん:心境の変化というところで言いますと、2年前と今では老後に対する考え方というか、そこへの不安みたいなものがなくなりつつあるので、今を楽しめるようになったかなというところが気持ちの変化では大きいです。

古田島:今後に期待したいこと、こういうことをやってきたいなぁとかこういうふうになったらいいなぁなど何かありますか?

N・Nさん:自分自身がいろいろなことにチャレンジしていきたいなと思っているので、それは今が楽しめるという心のゆとりがあるからできることだなと思うので、積極的に色々とチャレンジはしていきたいなと思います。

M・Oさん:ちょっとずつお金が増えてきたら、またその増えてきたお金をさらに増やせるように、教えていただきながら勉強してお金を増やして、働かずに増やしていきたいなと思います。

古田島:海外投資を聞いて、スタートしたいなとか、スタートしようかなと思っている人に対して何かアドバイスなどあればお願いします。お友達で「どうしようかなと思っているんだよね」という方がもしいたとしたらなんと声をかけたいですか。

M・Oさん:うーん、そうですね。まぁ実際にその人が進んでいくかはわからないですけど、古田島さんとかのお話を聞いてみたら?という風に紹介するかなって思います。私ではちょっと説明できないので。

古田島:まずは話を聞いてみてと。

M・Oさん:うん、損はしないよと(笑)日本の銀行にお金を置いておくと本当に危ないかなというのはすごい思うし、金融崩壊とかしそうですし、どうなっちゃうかわからないので。円の価値がどんどん下がるのかなって心配している人もいるかなと思うので、そういう人には教えてあげたいです。

N・Nさん:海外投資をしないことの方がリスクが高いのかなと今は思うようになっているので、今はネットでも投資シミュレーターとかで色々計算できるので、じゃあ日本の銀行に預けていたら10年経っても15年経っても20年経ってもこれくらいだよ、でも例えばこれくらいの投資期間でこれくらいのリターンがあればこれくらいの金額に増えるんだよっていうのを実際に示してあげて、少額だったら大丈夫じゃないっていう形でアドバイスはしていければなと思います。

古田島:本日はいろいろなお話ありがとうございました。

M・Oさん&N・Nさん:ありがとうございました。